《基礎知識》ダイエットのことを体重を減らすという考え方はとりあえず忘れよう

セルライトというのは、現在でも定義がわかっていないことから、医学的には認められていない存在です。
しかし現実にセルライトが脚痩せの大きな妨げになっていることは確かなことなのです。ダイエットとは、体重を減らすという考え方では無く、セルライトを減らすと言った方が正しいかもしれません。
足が太くなってしまう大きな原因となるほとんどがこのセルライトなのです。脚痩せダイエットを始める前には必ずセルライトについてしっかりと理解をしておくようにしましょう。
商品や鉱石のような名前ですが、セルライトというのは腹部や臀部、または大腿部にブロック状にある不均一な皮下脂肪のことを言います。 美容で大切なこととしまして、基本的なことはやはりダイエットとなりますが、ダイエット方法もしっかりと考えなければいけません。
みんなが実践をしているダイエット方法だからと言って、それが貴方にも効果があるとは決して限らないのです。



《基礎知識》ダイエットのことを体重を減らすという考え方はとりあえず忘れようブログ:2019/03/11

オハヨウですー

「給食はおいしくなかった」
と、年齢以上の方(おいらを含めて)は言いますが、
今のお子さんたちは、みなおいしいと言います。

味も質も向上した給食でありながら、
残菜の量が昔とは比較できないほど多いのは
なぜなのでしょう?

お子さんたちが少食になったわけでもないのに、
献立によっては、食後とは思えないほど、
ほぼそっくり残ってしまうそうですよ。

アレルギー体質のお子さんたちが増えているので、
多少の残菜は仕方ないとも言えますが、
食べ残しのほとんどの理由は偏食なんですって!

「野菜が嫌い、魚が嫌い。お肉は太るから食べない」
というお子さんたちは、
いったい何を食べているのか不思議に思います。

一方で、
偏食もなく何でも残さずに食べるお子さんたちもいます。
この差は、何だと思いますか?

ミルクを飲んでいた赤ちゃんが離乳し、
普通食に慣れさせながら育てていくというのは、
どのお子さんも同じですが…

離乳期に
「ただ食べさせているだけ」なのか、
「味わう事も考えているのか」で、
その後の嗜好に大きな差ができてしまうみたいです。

この過程で、
同じような味ばかりの食べる事を食べさせると
徐々に他の味の食べる事を受け付けなくなってしまうんですよね。

実際、
離乳期からほとんど味付けされていないものを与え続けたために、
小学生になってもしっかり味が付いたものが食べられないという
お子さんを見たことがあります。

普通お子さんが大好きなカレーも食べられないんですよ!
育児書に薄味で…と書いてあったことを
ママが神経質に守ったことが原因だったようです。

――――――以上を持ちまして今日の報告は終了です。