《基礎知識》現在の自分に不足気味の栄養素が含まれている料理

ダイエットにおいて食べ物を選ぶ際には「現在の自分に不足気味の栄養素が含まれている料理」「いつもの食生活の中で食べていないもの」を基準にして選ぶようにしましょう。
よく言われている「カロリー神話」というのはもう忘れて惑わされることのないようなダイエットをしていきましょう。レストランやお惣菜店などを利用しますと、メニューなどにカロリーが表示されているのをよく見かけるかと思います。
「少しでも数値の低いメニューを選ぼう!」と考えてしまうかもしれませんが、その考え方はもう忘れましょう。現在の貴方の身体がダイエットで効果を出すことが出来ない体質なのでしたら食べ物を変えてみてください。
食べ物はダイエットにおきましては非常に大切なものとなりますので、しっかりと食べ物について理解をしておくようにしましょう。 世の中に出回っている数々の美容方法は全てが効果的というワケではなく、間違った方法も多く存在しています。
注意をしなければいけないこととしまして、最も大切なことは自分に見合った美容方法を実践するということなのです。





メール便
URL:http://postmail.co.jp/
メール便ナビ


《基礎知識》現在の自分に不足気味の栄養素が含まれている料理ブログ:2018/06/22

減量を心がける人たちが、
やせるだろうと思って口にしてしまうのが食パンです。

軽くて量も少ないので、食べた後ウエストが出っ張りにくい。
そのため減量をしようとする人は、
食パンを主食にしてしまいがち…

しかし、
食パンには減量に不向きな点がいくつもあります。

まず食パンは、小さいながらも高カロリー。
その上、ビタミンやミネラルがほとんど含まれていないのが特徴です。
しかも、食パンだけでは味がないため、
ほとんどの場合、バターやマーガリンなどを使って味付けしますよね。

ただでさえ高カロリーな食パンに、
油分のかたまりであるバターやマーガリンを使うのは、
さらに高カロリーにしてしまうだけです。

さあ、ここまではまだいいとして、問題なのは次です。
食パンの特徴は、少量で満腹を感じやすいことです。

なぜ少量で満腹感を得られやすいのかというと、
消化・吸収の早い「小麦粉」を使っているからです。
小麦をひいて粉の状態なので、そもそも消化が非常に早い。

しかし、これはいいようで、実はよくないのです。

食べて間もなくすれば血糖値が急上昇します。
すぐに満腹感を得られますが、消化・吸収がよくて急激に上がった血糖値は、
すい臓から血糖値を下げるインスリンを分泌され、
その後は急激に下がります。

そのため、食パンを食べてすぐに満腹感を得られても、
またすぐに空腹を感じやすくなります。

その結果「食べる量が多くなる」のです。

さっき食パンを食べたばかりなのに、
しばらくたてば不思議とまたウエストが空くのはそのためです。

ですから、食パンを主食にしている人は、
すぐにウエストが空きやすくなり、
我慢をする時間が長くなるわけです。
だから、減量に挫折しやすいのです。